Japan

Challenges & Opportunities

ユーザー作成データに対する挑戦

現代社会では、情報を生み出さない組織はないといっても過言ではありません。Digital Universe StudyにおけるIDC予測によると、2005年から2020年のデジタル分野は300にものぼる要因によって成長し続けるだろうといわれております。言い換えると130エクサバイトから4万エクサバイトになるということになります。

大多数のデータはユーザーが作成したデータであり、多くの組織が2~3年間で2倍になるデータの容量を定期的に確認していることを考えると、データ管理はより重要となってきています。

ストレージにかかるコスト 
ストレージ容量は、無料かつ無限にあるもののように扱われており、ユーザーは特に意識することなく様々なデータを保存しています。

ストレージ「容量」を追加することは、それほど高価ではないかもしれませんが、ストレージの
「管理」にかかるコストはそうとも言い切れません。これは、電力、ITに関わる人材コスト、バックアップや災害からの修復について考えると明らかです。

ノーザン社のお客様は、TBの容量をエンドユーザー様に対して提供する際にかかる全体的なコストは、だいたい年間1万米ドルにまでのぼると考えています。

ユーザー由来のデータを大量に持つということ
いざ組織内でデータを管理しようとするとき、またインフラ構築の需要が高まったときなどに、
例えば以下のような点で、現在の環境に限度があると気づくことがあります。

  • ハイコスト
  • オペレーションリスク
  • コンプライアンス事項
  • データ管理に時間がかかる

現状の把握 
積極的にデータプールを管理することは重要です。例えば以下のような利点が挙げられます。

  • データの内容を確認することで、対策をとることができます
  • ファイルがあるべき場所に保存されているかどうか確認できます
  • サーバーに違法なデータが保存されていないことを確認しコンプライアンスを徹底できます
  • 現在の容量を確認することで次の予算を組むことができます
  • ディスクなどを購入する時期を主体的に検討できます
  • データ管理にかかる時間などを削減できます
  • データを管理することで、ストレージにかかるコストを下げることができます

ユーサーデータマネジメント(UDM)は、ユーザー由来の整理されていないデータを可視化し、
コントロールすることです。次に詳しく説明します。

Return on Investment

Find out how to maximize the return of existing hardware by reducing the growth rate and reducing the administrative cost by managing less data - read about the ROI of NSS.

Go to ROI page

North America HQ

NORTHERN Parklife, Inc.
301Edgewater Place, Suite 100
Wakefield, MA 01880
USA

Voice: 781.968.5424
Fax: 781.968.5301

salesUS@northern.net

 

Additional Contact Information

EMEA & APAC HQ

NORTHERN Parklife AB
St. Göransgatan 66
112 33 Stockholm
Sweden

Voice: +46 8 457 50 00

salesHQ@northern.net

Northern Parklife



©2017 northern parklife

privacy statement 
terms of use